洗濯表記について
衣服をいつまでも長く着るためには、衣服ごとに適したケアをすることが大切です。とくにご家庭でのお洗濯は、 衣服に表記されている取扱い絵表示に従って正しい方法で行います。無理なお洗濯は衣服を痛める原因になりますので、ご注意ください。 ここでは、取扱い絵表示(洗濯表示)記号の説明をします。取扱い絵表示は、誰でも簡単にわかるように、できるだけ文字を使わず記号 で表示するように決められています。
洗濯方法の表示(日本)
洗濯方法の表示(海外)
■洗濯 ■洗濯
 
液温95℃限度、洗濯出来る
 
液温は、95℃を限界とし、普通の操作で洗濯機による洗濯ができる
 
液温60℃限度、洗濯出来る
 
液温は、95℃を限界とし、弱い操作で洗濯機による洗濯ができる
 
液温40℃限度、洗濯出来る
 
液温は、40℃を限界とし、普通の操作で洗濯機による洗濯ができる
 
液温40℃限度、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良い
 
液温は、40℃を限界とし、弱い操作で洗濯機による洗濯ができる
 
液温30℃限度、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良い
 
液温は、40℃を限界とし、非常に弱い操作で洗濯機による洗濯ができる
 
(洗濯機不可)液温30℃ 弱い手洗いが良い
 
液温は、40℃を限界とし、手洗いだけできる
 
水洗い出来ない
 
洗濯できない
■漂白 ■漂白
 
塩素系漂白剤による漂白が出来る
 
すべての漂白剤による漂白ができる
 
塩素系漂白剤による漂白が出来ない
 
酸素系又は、非塩素系漂白剤による漂白ができる。*塩素系漂白剤での漂白はできない
   
 
漂白剤による漂白ができない
■アイロン ■アイロン
 
210℃を限界、高い温度(180℃~210℃)掛ける
 
アイロン底面の温度200℃を限界としてかけることができる
 
160℃を限界、中程度温度(140℃~160℃)掛ける
 
アイロン底面の温度150℃を限界としてかけることができる
 
120℃を限界、低い温度(80℃~120℃)掛ける
 
アイロン底面の温度110℃を限界としてかけることができる。*スチームアイロンは危険
 
アイロン掛けは出来ない
 
アイロンかけはできない。*スチーム禁止
■商業クリーニング ■商業クリーニング
 
溶剤はパークロエチレン又は石油系が使用できる
 
普通の操作により、業者によるドライクリーニングができる。*溶剤はテトラクロロエチレンまたは、石油系溶剤を使用する
 
溶剤は石油系のものを使用する
 
弱い操作により、業者によるドライクリーニングができる。*溶剤はテトラクロロエチレンまたは、石油系溶剤を使用する
 
ドライクリーニングは出来ない
 
普通の操作により、業者によるドライクリーニングができる。*溶剤は石油系溶剤を使用する。
 
手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞る
 
弱い操作により、業者によるドライクリーニングができる。*溶剤は石油系溶剤を使用する
 
絞ってはいけない
 
業者によるドライクリーニングはできない
 
つり干しが良い
 
普通の操作により、業者によるウェットクリーニングができる
 
日陰のつり干しが良い
 
弱い操作により、業者によるウェットクリーニングができる
 
平干しが良い
 
非常に弱い操作により、業者によるウェットクリーニングができる
 
日陰の平干しが良い
 
業者によるウェットクリーニングはできない
 
付記用語 洗剤は中生洗剤の使用 ■タンブル乾燥(乾燥機による乾燥)
 
付記用語 洗濯時にネットを使用
 
普通の温度設定でタンブル乾燥ができる
 
付記用語 アイロン掛け時にあて布を使用
 
低い温度設定でタンブル乾燥ができる
   
 
タンブル乾燥ができない
    ■自然乾燥
   
 
吊り干しが良い
   
 
ドリップ干し(しずく干し)がよい
   
 
平干しがよい
   
 
日陰の吊り干しがよい
   
 
日陰のドリップ干し(しずく干し)がよい
   
 
日陰の平干しがよい
洗濯表示パターン
NO.1
NO.2
NO.3
NO.4
NO.5
NO.6
NO.7
NO.8
NO.9
NO.10
NO.11
NO.12
NO.13
NO.14
NO.15
NO.16
NO.17
NO.18
NO.19
NO.20
NO.21
NO.22
NO.23
NO.24
NO.25
NO.26
NO.27
NO.28
NO.29
NO.30
NO.31
NO.32
NO.33
NO.34
NO.35
NO.36
NO.37
NO.38
NO.39
NO.40
NO.41
NO.42
NO.43
NO.44
NO.45
NO.46
NO.47
NO.48
NO.49
NO.50
NO.51
NO.52
NO.53
NO.54